生花で彩る結婚祝い

ところで、みなさんは結婚祝いの贈り物というとどんなものを思い浮かべるでしょうか。実用品を贈るのもよいのですが、結婚式という一生に一度の機会を祝う手段としては、受け取った相手が思わず笑顔になるような特別な瞬間を演出してみるのもよいものです。

結婚祝いの贈り物としては、相手との関係や親しさにかかわらず、お祝いの気持ちを伝える手段として花が選ばれることが多くなっています。結婚祝いに花というと目新しくないという印象を持たれるかもしれませんが、生き物である花を贈るということは、新たな門出を迎える相手の今と未来を彩るという、重要な意味を持っています

花を添えて贈る電報は「フラワー電報」などと呼ばれますが、実際に電報に添えることのできる生花の種類は実にさまざまです。新しい生活を華やかに彩る花束やアレンジメントなど、実際に会って手渡す場合と同じように、心を込めた花のプレゼントを贈ることができます。受け取る側にとっても、印象的な嬉しい体験となることでしょう。コミュニケーションにおいてモバイル端末が不可欠なこの時代、特に親しい相手との間では、日ごろのやり取りは携帯電話やメールで行うことが多いですよね。そんな時代だからこそ、結婚のお祝いに際してあえて電報という形式を取り、多少の手間をかけることで、相手を大切に思い、お祝いする気持ちを伝えることができるのです。フラワー電報サービスの「レペトワール」のサイトにも希薄化した現代について記載されています。想いを届けてもらうことが可能になるフラワー電報を活用してみることをおすすめします。

インターネットの普及に伴い、
言葉の価値は希薄化してきました。
メール や ソーシャルネットワークを通じて
いつでも、誰とでも連絡ができるのが現代です。

電報でただ言葉を送るだけ。

それであればメールや電話で十分な時代になりました。

せっかくの記念日。
電報では伝えられない想いを込めて伝えたい。
そう思いませんか?

私たちのボックスフラワー電報は
“あなたのその想い”を
送り主の方へお届けいたします。

こうした気持ちのこもったフラワー電報を受け取った人はきっと温かい気持ちに包まれることでしょう。是非お祝いのメッセージを添えて季節の花を贈ってあげましょう。

結婚を祝う電報

成人をすぎ、社会で活躍していく中で、親しい人、また職務上で知り合った人の結婚を祝う機会はたびたび訪れます。年代によっては、結婚の知らせを年に何回も受けるようなこともあり、おめでたいこととはいえ対応に困った経験をお持ちの方もいるかもしれません。知らせを受けた全てのお祝いの席に出るわけにはいかないことも多いですが、そのような時に電報は気持ちを伝える便利な手段となります。

結婚祝いと電報というと、披露宴に出席できない人からのお祝いのメッセージが披露宴の場で披露されるというイメージがあるかもしれませんが、結婚祝いの電報は、相手との関係にもよりますが、必ずしも披露宴会場に送らなければいけないということはありません。結婚式や披露宴の当日は慌ただしいもの。あえて当日を避け、相手の都合のよい日に自宅などに届けることも可能なのです。

また、最近では身内だけで結婚式をしたり、披露宴を行わなかったりする場合も増えています。このように、結婚に関するイベントも多様化する時代においては、お祝いの気持ちを伝える際も、相手の状況に応じた工夫が必要になってきます。

このように考えてくると、「祝電」という言葉の持つ形式的なイメージから少し離れて、お祝いの言葉をより印象的に伝える手段としての電報に興味が湧くのではないでしょうか。