現代も活用されるお祝いのフラワー電報

  • admin
  • 2017.8.3
  • 未分類
  • 現代も活用されるお祝いのフラワー電報 はコメントを受け付けていません。

電報は、日本では明治時代から用いられ、緊急の伝達手段として重要な役割を担ってきました。その後、電話の普及により、緊急の連絡手段としての電報の利用は減少していきました。また、ファクシミリや電子メールが普及したことにより、文字の形で情報を送ることも容易になりました。それでも、冠婚葬祭の際や、受験結果の通知など、形式的な場面での情報伝達において、電報は現在でも独特な役割を担っています。

日常生活の中で、個人が電報を利用する機会の多くは、冠婚葬祭の「婚」と「葬」に関するものといえるでしょう。このうち葬儀に関しては、急な連絡に対応するメッセージの内容はある程度形式化されています。このため、電報を送る経験が少ない人であっても、お悔やみの気持ちを伝えることができるようになっています。

一方、結婚に関する電報は最近では形式も多様化しており、メッセージと共にさまざまな贈り物を届けることが可能です。本来、「電報」は電信電話業務を担う会社が扱う通信手段を指すものですが、現在では送り手のメッセージを手書きまたは印刷した状態で届ける、あるいはメッセージに贈り物を添えて届けるサービスが広く「電報」と呼ばれています。

結婚祝いの電報というと、縁起のいい華やかな絵や押し花が付いた台紙がついたものをイメージするかもしれませんが、現在では実にさまざまな形式でメッセージを伝えることができるようになっています。また、メッセージに添えるプレゼントの種類も多様化しています。ここでは、結婚式のお祝いに使える電報のサービスについてお話しします。